商店街マップ 空き店舗情報 まちづくり支援無料相談窓口

12月のアクセスランキング

順位 店舗名 PV
1位 洋菓子のカワグチ 602
2位 (株)イシモト 535
3位 メガネの正視堂 239
4位 占いの館 開運の館☆... 211
5位 呉服ぬの善 186
6位 (有)シロヤ 167
7位 四宮の成金饅頭 111
8位 リストランテ アンジェロ 101
9位 黒瀬食鳥 75
10位 漢方百草根薬局 70

くろさきナビ内の店舗アクセス数上位10店舗です。(2016/12/01~12/31)

西鉄イン黒崎 LUGARBONITO
トップ > 呉服ぬの善

呉服ぬの善
創業90年の老舗
高級呉服専門店として、地域の信頼も厚い店です。
着物に関することは気軽にご相談ください。
フリーダイヤル 0120-280-278
営業時間 >午前10:00~午後7:00
定休日 >不定期
郵便番号 >806-0028
住所 >北九州市八幡西区熊手2-1-4
カムズ一番街
TEL >093-621-0278
FAX >093-621-0272 
E-Mail >nunozen@kha.biglobe.ne.jp
お知らせ
2017-01-21
お知らせ
  江戸小紋の小路
   と き 1月25日(水)~28日(土)
   ところ ぬの善 店内
  江戸小紋は各地色に小さな点々の連続で図柄が構成されている、江戸小紋独特の文様。柄の一つ一つに深い意味をもつ知れば知るほど魅力のある小紋を今回取り揃いまいたのでご案内致します


「 和裁士さん募集 」
  和裁士さんで一級免許証をお持の方を募集しております
  詳細はご来店または電話でお問い合わせください。


「 着付け教室のご案内 」
  毎月二回(第二、第四)当店ぬの善にて着付け教室を
行っております。
着付けの免許を取得するためではなく自分で着物を着たいと
お思いの方を募集しております。器具などは一切使わず
紐のみの着付けで手持ちの道具で直ぐにお稽古できます。
ちょっと、着物を着てお出かけするのにご自分で着たいと
思っている方は是非ご参加下さい解りやすくお教え致します。
    お月謝は¥1000円(入会金2000円)
    お車の方はお近くのパーキングをご利用ください。

★ 年に数回は生徒さんと着物でお出かけをします。
  年明けはお着物で初詣に・・・
  お参りの後は小倉でランチを楽しみました
  秋は着物で田川の好日庵にお着物でランチを楽しみました。
  お茶会等にも行きました。
  11月には早めの忘年会に出かけたり・・・・
  どうぞご参加下さい
  

 
クーポン
商品情報
江戸小紋

 江戸小紋を数点ご紹介致します。グレー地に白で菊柄.

 

中国で「菊」は仙花とよばれ「功労の」力があると信じられてきました。

中国の古い故事「菊水伝説」では菊のしずくの水を飲んで百歳を超える長寿者が多い事で菊の種をまくようになった。また菊の香りを移した綿で体をふくと若返ると「紫式部日記」にもきさいされています

9月9日は重陽の節句・・・・菊を全体に散りばめた延命長寿の瑞祥花をお着物でお楽しみください


江戸小紋

・・・・一富士二鷹三茄・・・・

今年の初夢に・・・・見たい一富士二鷹三茄

富士山は日本で一番高い山

鷹は賢く高く飛ぶ鳥(今年の干支は鳥)

なすびは事をなすからきています

遠くから見ると無地のようですが近づくとしっかり柄が入っています色合いと柄を考えて慶弔両方に。家紋の有無でセミフォーマルからお洒落までお召し頂ける大変活用範囲が広い品です。

 


初釜に行っていました。

平成29年1月9日(月)曇り時々雨

社員のHです。明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。新年初の茶会(初釜)に行きました。昨年は所用で欠席でしたので久しぶりの参加です。

床には「日出海天清」が掛けていました。・・・・日いでてかいてんきよし・・・と読みます。

お花は結び柳に紅白の椿が入っていました。何時もと違う設えに気持ちもピシッとなります。


及台子(きゅうだいす)
二本柱の大ぶりの棚で、炉、風炉兼用に使います。真台子に次ぐ格式高い棚です。水差し、蓋置などは皆具でした

炉縁

根来塗りは日本の塗装技法の一種。名称は和歌山県の根来寺に由来する。寺内で使用するために製作した漆器が有名になり広く朱漆器が「根来塗り」と呼ばれるようになったとされる。

朱に所々に下塗りの黒が浮かび上がるのが根来塗りの特徴です。

綺麗な朱色にうっとり・・・・・。でした


総絞り本振袖

絞りと言えばきぬたやと言われるほど昔から絞りで有名な問屋。

今回、お振袖をご紹介いたします。

赤地に白で様々な絞りの技法で制作された可愛らしい本振袖です。柄違いを女優の堀北真希さんがお召しになられました。


絞りの本振袖

江戸時代、贅沢品として富裕層にもてはやされた鹿の子絞りは京都の特産品でした。

明治以降も、婚礼や晴れ着として手の込んだ鹿の子絞りが求められました。今回卓球の福原愛選手が婚約の際にお召しになっていた商品は(株)きぬたやの振袖でした

こちらの紫の本振袖は絞りの種類をふんだんに取り入れた貴重な振袖です。どうぞ現品を当店でご覧くださいませ。価格は当店までお問い合わせください。


大好きな着物で・・・・

クリスマスの集まりにお着物で参加。お気に入りの黄色地の紅花紬の着物に黒のクリスマス柄の帯を締めて。。。。

帯揚げは赤、帯締めはグリーンと楽しい組み合わせをしています。


パーティに

12月22日。クリスマスも近くなりました

F様は博多であるパーティにお着物で参加。帯はクリスマス。ツリーやそり・サンタととても可愛い帯を締めてお出かけです


縮緬ショール

黒に白の雪ダルマと雪の結晶。

見ているだけでも微笑みたくなるような可愛らしいショールです。

裏は群青糸?浅葱色?とてもビビットな組み合わせですがとても素敵です。


ショール

こっくりとした紫と小豆色をミックスした縮緬地のショールです。

柄は雪の結晶が大小と入っています。

 


トンボの帯に帯留めを・・・・

とてもきれいな黄色地に絞りのトンボが飛んでいます。

グレーの帯締めにさわやかなガラス細工の帯留めを合わせてみました

帯留め価格¥6000


帯留めで楽しんでみては?

紫地の絞りの名古屋帯に帯留めをしてみました。

同系色の玉が三つ着いた可愛い帯留め・・・・いつもと変わった感じで楽しんでは如何でしょうか価格¥6000


とてもお似合いですよ

N様は久しぶりの結婚式に訪問着でお出かけになりました。

紫の袋帯を合わせて・・・・とっても格調高い素敵な取り合わせです。

 


結婚式へ

タージ・マハル?シルクロード?幻想的な素敵なきものです・・・・

当店で着付けをさせて頂きました


牛革のバック

牛革と正絹100%縮緬の生地を市松に組み合わせて上質なバック・・・

着物、洋服でも気軽にお持ちできます。取っ手は皮ですのでとても柔らかです 価格¥95000


縮緬ショール

黒地に縮緬のショールには刺繍で松竹梅と宝づくしが上品に入っています

 


お出かけ

k様はお気に入りの黒地に白のウサギ柄の小紋に白地に唐花の帯を合わせてお出かけです。

長襦袢にも気を使っていました。長襦袢は下に着るものですが歩くと少し見えるんですよね~~なのであえて赤にしましたとのことです。おしゃれですね・・・・・帯締めも赤にして


帯屋捨松の八寸帯

トナカイ柄の八寸帯はクリスマスのパーティーにはぴったりの帯です

紬の上に・・・・・


名物裂のバック

お着物をお召しになる時に一つは持っておきたい定番の名物裂のバック

上質な裂地を使用し実際に持った時のバランスや使い勝手を考えた形は職人のこだわりを感じます。今回小物展に合わせて数をご用意いていますのでご覧ください。


お草履
低反発の帆布ぞうりは足にフィット感があり鼻緒も少し幅広く作られており足に優しくなっています。帆布はバックに取り入れていますがお草履でもお楽しみいただけます。¥25900(税込み)

フォーマル、おしゃれ用と取り揃えました。

おしゃれ用帯ジメ

おしゃれ用帯ジメ
色とりどりのおしゃれ用帯ジメ。

お江戸の小紋(江戸小紋着尺)

雪輪に菊と細かく入った江戸小紋は染師 浅岡信之氏によるものです。

ワイン色に白の柄が浮かび上がり菊の周りには白く雪を思わせる素敵な小紋です。

友人との茶会、食事会、パーティ等にお召しください。


江戸小紋着尺

藤色に敷き詰めた江戸小紋。細かい柄は豊かな大根と名付けた楽しい小紋です。

江戸小紋は基本は一色染で遠目には無地と見間違えるほどの細かい柄が染められています。

細かい柄程「型紙」を掘るのが難しく技の粋を集めた商品は息を飲むほど美しいと言われています。


江戸小紋着尺

近くに寄ってみないとわからない程の微塵の柄を型紙で染めた「型染」の着物を江戸小紋といいます。

こちらの商品は地色は金茶色ですお目出度い祝鯛を全体に敷き詰めた洒落感のある商品です。

染師=浅岡信之氏


江戸小紋着尺

付け下げ着尺と袋帯

先代の社長も好んだ蝶の付け下げが入荷しました。

地色は若菜色。手書きと刺繍を施した蝶が所狭しと舞っています。帯は少しビビットな袋帯を合わせてみました。


お出かけ

M様は本郷大田子作の訪問着をお召しになってお出かけです。

締まるようにと黒地に丸紋の袋帯を合わせました・・・・。

 


「 語尽山雲海月情 」

今日は茶道のお稽古に行って参りました。11月は風炉から炉に変わる月です。先ずは掛け軸から

掛け軸は「語尽山雲海月情」・・・・・・かたりつくすさんうんかいげつのじょうと読みます。

意味は・・・・親しいもの同士が心情、心境のありったけを語り尽くす様の事を表しています。


お床の花

床の間には色づいた照り葉と椿が入っていました..........

秋って感じですね。


山口県功山寺

ご贔屓様と山口県まで紅葉を見に出掛けました

バックは功山寺。まだ紅葉には早すぎましたが・・・大好きな着物を着て秋を楽しみました。

 


長府庭園

もみじ

モミジが少し色づいて・・・・。


ツワブキの花

お気に入りの紬で

綺麗な紺の紬で

紬の訪問着に洋花の名古屋帯を合わせて


長府庭園

11月6日(日)

仲良しのお二人は着物が大好き・・・・。

右のS様は各通しの江戸小紋に白の帯を

左のI様は紬の着物に帯屋捨松の八寸帯を合わせてのお出かけでした

 

 

 

 

 


結婚式へ

結婚式に参加するS様。今回お気に入りの訪問着で・・・・・・・

当店で着付けをさせて頂きました

着物は薄い若草色地に絞りで雲どりが・・・・その中に宝ずくしのおめでたい柄が上品に入っています。

帯は西陣袋帯を合わせて・・・・

 


訪問着で結婚式へ

格調高い訪問着に全体文様の西陣袋帯を合わせてお召しになりました。

若々しさが出てとても華やかな装いでした

ご本人もお気に入りでしたので自然にお顔もほころんでいました。

 


七五三のお参り・・・おめでとうございます

七五三のお参りに岡田宮に行く前にお寄りくださいました。。今日は秋晴れ素晴らしいお天気です。

お姉ちゃんは七歳。双子の弟さんと妹さんも三歳。お参りの時期が合ったのでしょう揃ってのお祝いの日です。

少し緊張気味でしたが・・・・とても可愛らしくてこちらまで幸せを頂きました。ありがとうございました

 

今日は秋晴れ。暑くも寒くもなく丁度良い気温です


宮地嶽神社

大きなしめ縄~~~~

出雲大社とどちらが大きいのかな?

商売の神様ですのでしっかり商売繁盛を祈願してきました


宮地嶽神社の光の道を~
嵐のコマーシャルで有名になった宮地嶽神社の夕陽を見に行きましたが階段には凄い人でした。10月18日が参道の道に夕日が沈み光の道が出来るのですが24日でしたので少しずれていました。でも素晴らしい光景を目にして感動しました

宮地浜の鳥居から夕陽を見ました

福津市の宮地浜の沈む夕日

愛らしい産着

愛らしいピンクの総絞りの中に手毬の刺繍を散りばめた豪華な商品です。価格¥98000-(外税)


産着

若草色の初着は数少ない一品です。

白の桜文様がきれいな彩ですっきりと入っています。

昨日・sold-out  ありがとうございました

 

 


若草色の産着

こちらの商品も珍しいペパーミント色の産着ですね。

大きな熨斗めに手毬や花の刺繍が豪華に入り格調高さを出しています。価格¥128000-(外税)

 

 


初着

現品はもう少し紫色をしています。

 


女児初着

こちらの商品はピンク地に雲取の絞りと小さな刺繍の小花を全体に散りばめています。背中の鈴の刺繍は豪華です

何とも可愛い商品ですね。価格¥149000-(外税)

 


女児初着

黒地に多彩な文様がくっきりと映える京友禅の産着は

二十歳の振袖が感じられます。白と黒のコントラストが印象的ですね


訪問着

おめでたいシーンで活躍する古典的な京友禅。

作家は藤井寛氏。

薄ピンクに雲どりの中に貝桶や四季折々の花々が上品に又優しく入っています。

袋帯は金、銀、茶色等で楽しめると思います。


山口織物袋帯

小紋着尺と名古屋帯

色無地色々

寿光織の色無地着尺。八掛地が付いた四丈物です。

¥138.000-


正面のウインドウー

8月も後3日です。昨夜、雨が降り少し気温も下がったような気がします。今日は正面のウイ ンドーの商品を全て秋物に替えました。

やはり秋物は夏物と違い重厚な感じです

この商品は先日入荷致しました秋の新作京友禅の訪問着です。

訪問着は薄グリーン色です。手書き友禅すばらしい逸品です。

そうぞ黒崎にお出かけの際はご覧くださいませ。

 


八寸帯

紬の八寸帯。紬の上にお勧めです。

sold-out。表のウインドーに展示したとたん気に入って頂きお買い上げいただきました。    ありがとうございます

 


お子様用着尺

紬八寸帯

女児初着

宗全籠に夏の花

夏はウインドーに入れる茶花も少なくて淋しいですが頂き物で宗全籠に三種類入れてみました。数珠サンゴと紫陽花、女郎花です。やっぱり和花は良いですね。


夏付け下げ着尺と夏綴れ帯
薄藤色の夏の付け下げ着尺は上前に白のぼかしが入り秋草がすっきりと入っています。帯は濃い目の紫地の夏綴八寸帯を合わせてみました

夏の付け下げと夏綴帯

夏の付け下げは濃い茶色地に白の市松模様が

大胆に入っています。柄の中には秋草がすっきり品よく描かれています。帯は白の絽綴れ帯を合わせてみました


三歳用被布

三歳用被布

今年の新作、三歳用の被布が入荷しましたのでご紹介いたします

 


男児紋付き着物と羽織男児

正絹100%の紋付き着物と羽織セットです。長襦袢付き


男児紋付き着物と羽織

男児紋付き着物と羽織

加工着尺

縮緬地.

柔らかいピンク地に白の桜が全体に入り上から四季折々の花丸が一面に描がかれた手のかかった加工小紋です。

この愛らしい小紋は社長が一目ぼれで仕入れてまいりました。

お客様にお見せするとお孫さんの四つ身にとお買い上げいただきました。これも一目ぼれです。嬉しいですね。

有難うございました


夏絽九寸帯

夏の風物詩として使われるうちわがお太鼓に入っています。

中には紫のキキョウが一輪~。

夏の紬や夏小紋の上にお締め頂けます


Yギャラリー
テレビの鑑定でおなじみのY氏のギャラリーに行ってきました。今日はお道具展の開催中で茶道具も沢山出ていました。

ギャラリー

掛け軸と花

床には、[清流間断無](せいりゅうかんだんなし)という掛け軸が掛っていました。清らかな清流はこんこんと流れて耐える事が無いという意味です。

お花は、宗全籠にヤハズガヤ、キンシバイ、他が入っていました。掛け軸とお花を見るだけでも心が落ち着きます。

 


風炉
K高校の茶室のお道具。風炉に丸卓の棚の上には茶器が飾られていました。

山アジサイ

直径三㎝ほどのとても小さな山あじさいです。アマチャとの違いが良く解らないですが・・・可愛いですね


夏のフォーマル用付け下げ着尺

小千谷縮と夏名古屋帯

本場小千谷縮  麻100%

夏のお洒落着としてお召し頂けます。

帯はトンボ玉柄を可愛いく揃えてみました。


夏のつむぎ

単衣着と薄物コート

右の薄物コートを単衣着の上に掛けました。透け感が爽やかです。

単衣着は紬地に緑青色の花を全体に散りばめた小紋です。単衣着でお召しください。


初夏のスタイイリュシュなコート地

桜も終わり新緑の季節。気温も高くなりつつあります。単衣などをお召しになる5月の中旬からは透け感の強い爽やかなコートで軽快な装いをお勧めします.少し長目でもこれだけ透けていれば重たく感じることなくお召し頂けます。価格¥138000円


薄物コート地
4月にもなれば着物の上に羽織るものも重たいものより軽めにします。そんな時にお召し頂ける商品です。着尺分の長さがございますので長目のコートにもできます

付け下げ着尺

濃い紺地の付け下げ着尺です。全体に柄が入っていますので出来上がると訪問着の負けないくらいの豪華なお着物になります。結婚式、パーティ、祝賀会、茶会等にお召し頂けます


付け下げ着尺

左の商品の上前部分です。菊、枝垂れ桜、撫子と四季折々の花々を品よく手書きで仕上げ菊の周りには金糸で仕上げられ豪華は十分にございます。


絞りいり付け下げ着尺と袋帯

柔らかい色合いのクリーム地の付け下げは五色の霞わけを上品に取り入れその中に紅葉、梅、菊と四季折々の花を刺繍で仕上げている豪華な付け下げです。春、秋とお召し頂ける商品となっています帯は濃い目の帯を個性的に合わせて見ました.

 


こぎん刺繍の八寸帯
江戸時代を端を発した津軽地方に伝わる刺し子の技法の一つであるこぎん刺繍の八寸帯です。長い歴史を持つ日本にはこのような織物が今なお伝えられています。太い糸でぬの一面に描く多種多様な幾何学的文様には神秘的な高い芸術性を含んでいます。薄色の紬、小紋の上にお締め頂けるおしゃれ帯です。

小紋着尺

大きな格子と色合いの合わせ方が面白い小紋着尺です。お着物、コート等にお勧め致します..

薄茶と薄グリーンの組み合わせ顧問は12月末に着物としてお買い上げいただきました。有難うございました


花見の会へ着物でお出かけ

M様は土曜ホテルで行われた花見の会へ着物でお出かけしました。当店で着付けをさせて頂きました。お着物は薄ピンクにグレーの縞。帯は着物に合わせてグレーの織の小花の名古屋帯を・・・・大人可愛い素敵な合わせ方でした。この様にちょっとしたお出かけにも気軽に着物を着て楽しんで頂きたいものです


八幡大蔵会

八幡大蔵会の狂言を楽しむ会は今回で50年を迎える事が出来ました。当日はお天気も良く沢山の方にご覧頂きました。無事終える事が出来て良かったです。有難うございました


狂言。那須の語りより

社長はこの日能と能の間にする相狂言「那須の語り」を披露致しました。


狂言。那須の語り

四人揃って

社長の舞台が終わってお孫さんから花束を~~~社長・・・・嬉しくて涙が出たでしょうね。( ;∀;)


長崎街道の松並木に咲く桜

八幡西区曲りの長崎街道は松並木で有名ですがこの時期になると松と桜のコラボレーションで最高のウオーキングコースになります。。


桜並木

平成28年4月2日。お天気も良くて納品の帰りに曲りの桜を見に行ってきました。桜は満開。昨年友人と二人で京都の醍醐寺に行ったことを思い出しました。京都にも負けない素晴らしい桜並木に心を癒してもらいました。


善定寺の桜

4月2日。桜満開です

八幡西区熊手に善定寺というお寺があります。

毎年この時期境内にある桜が行きかう人を楽しませてくれます

ここの桜は周囲の桜より少し早く咲くのですが今年は足並み揃えたという感じで同じ時期に咲きました。

ご住職の計らいで夜にはライトアップされています是非お近くの方はご覧になってください。


宇佐神宮

3月の21日に宇佐神宮に行って参りました。いつ行っても立派な社殿です。宇佐神宮は全国に11万の神社のうち八幡さまが最も多く4万600社余りお社があります。その八幡さまの総本宮が宇佐神宮なんです。


宇佐神宮内のクスノキ

宇佐神宮は大分県宇佐市にある神社です。この木は国指定天然記念物に指定されています。推定樹齢は300年。


宇佐神宮

あっ~~~当社の社長が???宇佐神宮の門前に前社長のお墓もあり、本日はお彼岸の墓参りと参拝を兼ねて出かけております。お天気も良くて気持ちの良い一日でした。


お花
可愛いでしょ~~。ぼけの花です。春の花は桜が注目を浴びますが桜に負けじと咲いています。3月17日撮影

ぼけの花

3月中旬。桜の開花が待ち遠しい今日この頃ですね。お客様のお宅に白と薄ピンクの色づいたぼけの花が咲いていました。早速ウインドーに入れてみました。

 


桜の九寸帯

薄いクリーム地に白と薄ピンクの桜が柔らかく入った染名古屋帯です

 


うしろ姿もすてき。。
帯びは職楽の九寸帯を合わせていました。白地にグレーの洋花が素敵に入った帯です。お着物ととてもよく合って凄くお洒落でした~~。。

お出かけ 

お得意様のお出かけの着付けをさせて頂きました。濃い茶色地にドットの刺繍を全体に散りばめた大人可愛い着物でした。とてもお似合いでした。


二月は梅
梅の枝ものが立派なので壺に入れてみました

のれん
招き猫。前社長が買い求めていた暖簾。今、犬のより猫ブームと言うのご存知ですか?友達にも数人いますが本当に猫を飼っている方が多いです.そう言うわけでもないですが暖簾を掛けてみました。可愛いでしょ

のれんの裏
「大入」何時も店内が大入りでありますように!!!

首里織
菱型と風車を中央に配置し、自然の食物繊維の糸で柔らかく織られた織九寸帯です。濃い地色のお着物に合わせてお締め頂けます

紺地とベージュ地のお洒落な結城紬
お洒落紬では一番高価とされている結城紬です。茨城県、栃木県で生産されますが、多くは結城市で織られています。奈良時代から続く織物で細かな嶋、絣などを特色とした最高級品です。

結城紬

左の商品のベージュを拡大してみました。結城は反物の幅に80・100・120~と亀甲の絣が幾つ入るかによって価格も変わってきます。


茶道の掛け軸
Hです。久しぶりに茶道のお稽古に言って参りました。お床には掛け軸が「弄花香満衣」が掛っていました。(はなおろうずればかおりころもにみつ)花を摘んでいると自分の衣もその香りに包まれ心まで花と一体になり清々しい気持ちになるという。意味です

掛け軸

  「桃花千歳春」二月の節分が終わると掛け軸はお雛様に変わりました..とうかせんざいのはる。と読みます~~意味は桃の花は千年変わらずに春を告げて無心に咲いているということですお雛様のお顔が優しくて見ていてほっとする掛け軸でした。


好文棚

好文棚は木屋町棚を元にした棚で木屋町棚の抽斗(ひきだし)がなく香狭間透かしが梅の花の透かしになり梅のことを「好文木」と呼ぶことからこの名がつけられています。私Hは茶道歴が浅い為何を見ても感激しております。お稽古の時でも立派なお道具を出してくださっているので、粗相をしないようにとても気を使います。そこからがお稽古ですね。


沖縄県の手染九寸帯
沖縄では昔から紅型が多く染められています。この商品は沖縄県無形文化財になっている商品です。アイボリーじに紺色の洋花が鮮やかに染め上げられています

琉球紅型名古屋帯
右上の名古屋帯は津田かすみさんの制作によって描かれた紅型の帯です

結婚式
Hです。結婚式がありまして、久しぶりに大好きな留袖を着ることに~~。姪の結婚式でしたが黒留め袖を着る人が少ないというので色留めでななく黒留めにしました。比翼が付いていてやはり普通の着物より重たい。留袖は着ていてもどっしりしてきていても気持ちが良く又格調がありましたね。結婚式も簡素化になりつつありますがもっとお母様や親族の方には着て頂きたいものです。

加工着尺

黒地の加工小紋。黒地に白の大きな桜の花に蝶が飛びかうダイナミックなお洒落小紋です。小花の多い小紋が多い中珍しいお洒落感のある品です。


加工着尺

左の小紋を拡大しました。生地は縮緬ですので、地色の黒と柄の色が鮮明に出ています。桜の花びらは小さく全体に舞っています。花びらには薄くピンクに染まり蝶が可愛らしく入っています。お子様からでも、お仕立ては出来ます


付け下げ着尺

現品はもっと紫の色が深いのです。短冊に四季折々の花々が入った豪華な付け下げ着尺です。


付け下げ着尺

短冊に、桜の花とモミジ、菊が入った豪華な付け下げ着尺です。金、銀地等の帯を合わせてフォーマルな場所にお召しください


楽しいお草履

お草履もフォーマルからカジュアルと色々御座いますが

今回入荷しました中から少し紹介いたします。

「昔はなし」と名がついているシリーズの中から一寸法師を取り上げました。

黒地に白の水そしてお椀の中には法師が可愛らしく入っています。紬、小紋のお着物の時にご利用できます花緒価格¥17000円(外税)・・・・・・台は28000円~


お草履

黒地に白で雪の結晶が散りばめられたお洒落感のあるお草履です


お草履

白地に黒の猫ちゃんです。両サイドに薄グリーンが入っているのが柔らかさを出しています。猫好きの方にはお勧めの一品です


別誂えのお草履の数々

本日は25日です。ご紹介するには遅すぎましたので来年用になりますね。はいクリスマスバージョンの花緒です。赤に柊の葉っぱと星がビビットに入っています。クリスマスパーティには最高の商品です。


千両の花

お正月近くになるとよく見かけますよね。千両は本州から中部以南から台湾、インドなど暖帯から熱帯に分布するそうです。千両は葉の上に実をつけていますこの花は一両,十両、百両、千両、万両とあるそうです~~初めて知りました


お出かけ

お客様のお出かけにお着物の着付けをさせて頂きました。グリーンの付け下げにモダンな色遣いの袋帯がとてもお洒落に着こなしていますねとても素敵です。


お出かけ前のお客様

やわらかな着物と帯が華やかさを出していますね。お茶会に・・・・緊張しますとの事です~~頑張って。


掛け軸とお花

社員のHです。今日は久しぶりにお茶のお稽古に言って参りました。お茶室の床には「無事」と書かれた掛け軸が掛けてありました。瓢の花入れには白の椿が・・・・。この掛け軸が出ると一年の終わりを感じます


無事

「無事」ぶじと書かれた掛け軸は一年の無事に過ごせたことへの感謝の気持ちを表して又来年も無事で過ごせますようにと願いを込めています。何とも素敵な意味ですね。当店もこの一年無事に商いが出来たことを喜ばしく感じます。


四季懐石・好日庵

着付け教室のお生徒さんと忘年会を兼ねて先月の27日に福岡県田川市にある池のおく園に行ってきました。ここには中村美術館・好日庵・ベルセゾンナカムラ・美音・と四つに分かれた施設がありました。ここは懐石料理の好日庵です


三人姉妹をパチリ

先ずは生徒さんの着物姿を~~~。左の方はピンクの紬に紬の八寸帯で。ショールが邪魔をしていますね笑う


紅葉

この日は11月27日でしたが紅葉が残っていました。広い敷地内には色々な木が紅葉を見せてくれました。


お庭には内門もありました

最後の方は白大島に濃い目の地色に白で刺繍をした八寸帯をおしゃれに着こなしていました。


路地を歩いて

真ん中の生徒さんは草木染の紬の着物何とも言えない良い地色でした。帯はちぐさ色に四角の幾何学文様の染帯。とてもお洒落でした。

 


椿

椿の木にいっぱい花がついていました。お見事ですね。この公園は大きな桜の木もあるんです。以前茶道具を持参で友人と花見に来たこともあります中々良いですよ・


お店のショーウインドー

右のウインドーには紬着尺と沖縄の紅型名古屋帯を揃えて展示しています。どちらとも、大蔵ざらえ価格となっています。壁には来年の申年用に日本手ぬぐいを額に入れて、ディスプレイをしています

ピンクのバックは売約済みです


京友禅付け下げ着尺

ベージュ地の付け下げ着尺。中には地紙の文様が入り金糸で柄の淵をかこっています。色々な刺繍の技が高級感を出しています。


京友禅付け下げ着尺

地紙は扇にはる紙の事です。扇子といえば骨がありますが紙だけの美しい形は古くから文様として能装束や小袖に使われました


女児産着

       [女児のお宮参りのお着物が入荷しましたのでご紹介いたします」

掛け着ともよばれる宮参り着。男児には家の紋を入れてたくましい成長を願う柄を女児には可憐で優しい柄が選ばれます。この商品は雲取の中に手毬柄ととても愛らしい古典柄でまとめた商品となっています


お宮参り着
爽やかなクリーム色の地色に何色もの雪輪が全体に入っています。雪輪の中には四季とりどりの花がはいって手毬も描かれて愛らしさ満点の商品です。

女児宮参り着

優しいピンク地に熨斗に桜、ぼたん、菊とおしどりを散らした愛らしい宮参り着。


女児産着

白地に赤の絞りの雲取が大きく入り背から裾にかけて熨斗の柄がすっきりと入った豪華な印象がうれしい一枚です。


女児産着

目にも鮮やかな赤地に白の道長取りを取り入れています。絞りの梅や四季の花々を散りばめたインパクトのある逸品です。三歳の七五三にお召しになる時には当店でお直しなども行います。


刺繍の名古屋帯

中国手刺繍の第一人者の「将雪英」作の名古屋帯。濃いグレー地に相良刺繍で音符と楽器を刺しています。細かい仕事に思わず見とれました


刺繍入り名古屋帯

右上の商品を拡大したものです。ト音記号や五線にぼかしが入っているのがわかりますか?音楽会、コンサートにお召しになるのも楽しいのではないでしょうか


万筋の江戸小紋着尺

最もシンプルでありながら、最も高度な技術を要する万筋。江戸小紋好きな、いつかは身にまとってみたい逸品です.。今回色違いなど数点ご用意致しました。

 


縮緬名古屋帯

薄クリームの縮緬地に松に貝桶という古典柄の代表作です。小紋などの上にお締め下さい。

 


紫色の本振袖

紫地に色とりどりの百花で作った薬玉を大きく表したお嬢様らしい振袖です。五色の紐に流れを付けてリズム感を出した個性的な商品です。


京友禅本振袖

白地に何色もの絞りの松を施して竹と梅、四季の花は刺繍と、金箔で豪華に入っております。古典的な奥ゆかしさが漂う商品です。


赤地の本振袖

若やぎに満ちた赤地に四季折々の花が所狭しと入っています。それぞれの花が品よく主張したダイナミックな晴れ着です。


西陣袋帯

野菊

バックとはなお
斜め取りに菊と桜の花を散りばめた豪華な商品です。はなおも同柄でご用意しています。

秋の花
秋はやはり、すすきですね。コスモスと合わせて入れてみました。ウインドウに秋が来ました。

染九寸帯

薄あさぎ色の地色にお太鼓には鳥の子色の雪輪がくっきりと入り中に宝ずくしのおめでたい柄が入っています。地色が爽やかで目を引く九寸帯です


絵羽コート
肩の部分は真珠色裾は薄い藤色が段ほかしで入っています。地紋は木の葉柄でせき出しになっていますので柄が浮き上がって見えます。訪問着、付け下げなどの上にお召し頂けます

京友禅付け下げ着尺
この商品は付け下げ着尺です。百緑色の地色に橘の柄が裾にかけて豪華に入っています。帯次第で若い方からでもお召し頂けます

被布着

やっぱり絞り入りって豪華ですね。被布は売約済み。


店内お子様用の商品がいっぱいで~~す

お草履とバックセットもS・M・Lサイズがございます。

お子様のサイズに合わせてご用意できます


ひなやの袋帯
「ひなや」の創作手組み袋帯は正倉院御物に残る束帯の組みひもから考案されて織られた袋帯です。糸の複雑な編み込みは素晴らしいものがあります。金、銀糸が使用していますので、付け下げ、小紋、無地のお着物に合わせても楽しいのではないでしょうか?

丈二帯

丈二帯はお子様用の帯です。お子様のサイズに合わせて作り帯等にお仕立てを致します。濃いグリーンに四季折々の花々が可愛く彩り豊かに表現した商品です


子供用丈二の帯

お子様用の帯をご紹介します。白地に地紋が青海波に貝の文様の丈二帯です。貝の中には松竹梅や宝ずくしのおめでた模様で埋め尽くされています。お着物が濃い色にはよく合います


四つ身の着尺

四つ身の着尺。ブルー地に多彩な文様が入りくっきりと浮き出ています。流水の中には桜とモミジが所狭しと入っています。総柄の小紋ならではの華やかさが愛らしいですね~~

9月に入ると七五三の商品も入荷致します。丈上げ‣腰あげ等も致しますのでお持ちください。


お草履とバックセット
フォーマル用のバックとお草履が入りました。左は七宝柄、右は雪輪の中に花とシンプルですが格調高い商品です。結婚式、パーテイなどに・・・・

紬の八寸帯

しゃれ味のある八寸帯。黄色地に枝付の小花がかわいいですね。カジュアル感覚でお締めください。


姫路城の天守閣より

暑いに負けず姫路城の天守閣まで登りました。至る所に瓦が・・・・。瓦は平瓦と丸瓦を交互に組み合わせた本瓦葺で、継ぎ目には屋根目地漆喰が一面に施され甍(いらか)の美を表現しています。歴代城主の修理の歴史を物語るがごとく瓦には多様な城主の家紋が残されています。写真の右側に広い道がありますがまっすぐ行けば姫路駅に着きます。

 


姫路城

お盆休みに姫路城に行ってきました。世界文化遺産(国宝)の姫路城です。天を突くように威風堂々とそびえる、広く輝く大天守は圧倒的な姿が感動ものでした。16日の日曜日でしたので、何処も凄い人でした。この美しい姿を残すために漆喰壁の塗り替えや屋根のふき直しを約五年をかけて行われたそうです。写真は本丸(備前丸)から大天守を見上げたものです


夏の掛け軸
茶道を習い始めました。まだまだ未熟で・・・・この掛け軸は夏向きで、「夏雲多奇峰」かうんきほうおおしと読みます。夏雲,奇峰とは珍しい峰の形に見える夏の入道雲、雲を峰にたとえ自然の雄大さを表したものです。今回も一つお勉強致しました。

夏袋帯
夏の袋帯藤の花が優しく入っています。夏の色留め、訪問着、付け下げなどに合わせてお召し頂けます。

お花

半夏生がやっと白くなり始めました。赤と白のシモツケにキンシバイを入れてみました。。


唐織手ばた織袋帯

金剛家伝来の復元能装束から文様を取り入れ手機で織られた袋帯です

 


夏ハゼ

能面

小面

能の演目により、多数の能面があります。今月の19日~開催される唐織展に北九州市八幡西区在住の西田正一氏が制作された、「小面」「白式尉」の面等、数十点を同時に展示致します。どうぞ、お気軽にご覧くださいませ。


金剛家伝来 復元能装束 

「藤棚紋色無し唐織]

紫と白で締め切って段に染分け咲き乱れる藤の様子を織り表した唐織です。人生経験を重ねた中年女性を演ずる「シテ」が着用するものとされています。

 

 


夏絽の九寸帯

織名古屋帯

さわやかなブルー地に黒猫が個性的に入っています。

今にもにゃーと鳴きそうな楽しい帯です。

 


狂言

狂言

狂言
4月5日北九州芸術祭参加、第49回「 狂言を楽しむ会」 がレディース八幡で行われました。今回(当店の社長も(文蔵)の主人を演じました。文蔵の内容を少し書き込みます。太郎冠者が都に住む主人の叔父を訪ねて、ある品をごちそうになるがその名が思い出せず主人が「石橋山合戦」の物語を語るが・・・・・。その語りが25分ほど語るのですが、なんと長い~~~。後で社長から聞いたのですが、前日は呪文のように台詞が頭を過ぎり眠れなかったそうです。社長お疲れ様でした。来年の4月は50回という記念になる年です。たくさんの方のお越しをお待ちしています

平安神宮

京都の桜を見に行ってきました。まだ、満開では無かったですが、久しぶりに京都の旅を楽しみました。人が多くて平安神宮で一休み。のんびりと社殿を見ながら休憩です。


銀閣寺

やはり、定番の観光地銀閣寺。手入れの行き届いたお庭には感激です。なんといってもコケ。日本のコケは約1500~2500種類もあるそうです。凄いですね


ライトアップされた高瀬川

高台寺の桜

高台寺は北政所(ねねの菩提寺)の寺として有名ですよね。中に入ると白砂に一本の枝垂れ桜。ほぼ満開でした。白砂に映えてとてもきれいでした。


高台寺の桜

桜と山吹の花が綺麗でした


京都醍醐寺の桜
休みをとって一泊二日の京都の旅を楽しんできました。行きたかったのは醍醐寺です。花の醍醐とも言われる花の名所。豊臣秀吉が晩年贅をつくした「醍醐の花見」を行ったところからこう呼ばれるように。現在も800本の桜が境内を彩っていますこの日は雨でしたが雨に打たれる桜も風情があり、最高でした。

西陣袋帯

朱色地。。亀甲の中に松竹梅や銅鏡が入りとても豪華な袋帯です。


京友禅本振袖
ブルー地に全体に遠山が入りその中に草花が可愛らしく入っています。小柄な方にお勧めの逸品です

西陣袋帯

ブルーという地色が珍しく又柄も笹とモダンな中にお洒落感を出しています。


京友禅本振袖
黒地に扇面が大きく入りその中には四季折々の花々が咲き乱れています。古典的で新鮮な本振袖です。帯は金、赤、グリーンと合わせやすいと思います。

紬の八寸帯

絹科布

古代布である科布は現在山形県山北町で昔ながらの方法で生産されています。糸は赤城玉糸、染は草木染を使い丹精込めて作り上げています


刺し子の八寸帯

布に糸を刺すことによって丈夫に暖かくという生活の知恵と家族の愛情が作りだした手仕事・・・・。それが刺し子ですこの花刺し子は地域に古くから伝わる刺し子の見事なまでのデザインを現代に再現すべく制作したものです。黒地に白の刺し糸がくっきりと浮き上がりお洒落感を出しています。


沖縄花倉織八寸帯

沖縄県で織られた首里は花倉織の八寸帯です。薄ベージュ地に花倉織が優しく織り込まれています。


本場琉球紅型染名古屋帯

伝統工芸品の沖縄県無形文化財の紅型染帯です。製作者は知念初子さん。


加賀友禅訪問着

地色は柔らかなクリーム色。落ち着いた色で四季折々の花が入り上品な訪問着になっています。


京友禅付け下げ着尺

山口美術織物・ 袋帯

京都西陣山口美術織物の袋帯。柔らかな桜の花が所狭しと入ったこの時期にぴったりの袋帯です。


クルスマスローズ

クルスマスローズは植えて二年ほどは葉っぱだけで花は一輪も咲きませんでしたが三年目から花が次々と咲き始めました。大好きな花の一つです。


猫柳と椿

お得意様の庭から一輪椿を頂き備前焼の花器に猫柳と合わせて入れてみました。


京友禅振袖
ピンク地に白と金の遠山に四季折々の花々を可愛らしく表現した振袖です。帯は少し濃い目の帯で・・・・

京友禅振袖

ブルー地白の流水に花丸文様が可愛らしく入っています。


猫柳

猫柳はやなぎ科。二月~四月まで咲く花。茶色いうす皮が外れるとグレーの花が出てきます。


西陣袋帯

黒地に刺繍で一本桜を表現しています。凹凸があり、浮き上がって見えるのは刺繍ならではの技法でしょうか?これからの時期に楽しんで頂けたらと思います。

 


付け下げ着尺

宝ずくしの付け下げ着尺は吉祥文様の一つで宝物を集めた文様です。宝やく、打ち出の小槌、金のう、隠れ蓑、隠れ笠,、丁子、宝輪、とすべて、福徳を招く文様として祝儀の着物にもよく使われますこの商品は濃い紫地に肩と裾模様で付け下げ着尺になっています。仕立て上がると訪問着と同格にお祝いの席にお召し頂ける商品です。


宝ずくしの付け下げ着尺

今日感テレビに出演

rkb今日感テレビに黒崎商店街が紹介されました。

当店にもカメラが入りました。


今日感テレビに出ました

rkbの今日感テレビに出演しました。社長は九州で六人の中に入るプロの狂言師です。年間40回程舞台や講演で忙しくされています。今回は中上アナウンサーが社長と共に狂言の鳥の鳴きまねをしたりと楽しいひと時を過ごしました


お洒落長襦袢
グレー地に白の千鳥柄、、薄いグリーンに瓢の柄、薄藤色に福の柄。

おしゃれな長襦袢

白地梅の地紋に赤で絞り入り

,薄オレンジ地に朱赤の絞り入り


礼装用おしゃれコート地

古代日本の独特な文様をつけた布を「しずおり」または「しずり」といい「万葉集」の中にも古くから用いられていたことで知られています.伝統的西陣織の技法に現代最新技術を加え,ふくれ織に「しずり」を再現いたしました.。軽くて、しわになりにくく、格式あるフォーマルや小粋なおしゃれコートにしてお召し頂ける最適な商品です


バック

後ろは薄ベージュ地に吹き寄せ柄のバック¥45000円

手前は白地に金で菱柄模様の高級感あるバックです¥45000円


コート用着尺

どちらも、着尺をご用意しました。羽織、コート等に如何でしょうか?


ショール
縮緬無地ショール、刺繍入りショールと上品で、お洒落感のある商品をそろえました。

付け下げ着尺

栗色の地色に小袖と和笛のすっきりした付け下げ着尺は中の刺繍と金箔を入れ込んだ洗練されたお着物です。


能衣装コート地

能衣装コート地は唐織の技法で作られた防寒用のコート地です。寒いひなどは暖かくて重宝する逸品です


別注のお草履色々

別注のお草履

七五三用着尺と被布
七歳のお祝い着と三歳の被布
赤地の着物は全体に大小の梅柄を取り入れた豪華な四つ身着です。お子様の寸法に合わせてお仕立ていたします。
白の被布は三歳のお子様にお召し頂く被布です。
赤やピンクのお着物には白の被布が映えています

男児産着
昨年末、年明けにかけて男児の注文をよく頂きましたので、今回は男児の産着を数点ご紹介させていただきます。
地色は深いグリーン、生地は地紋が入って光沢があります。
亀甲の中に松と宝珠、銅鏡などが散りばめた格調高い商品です

男児産着
兜、鷹の勇ましい柄が多い中でこの宝船は少し優しい柄と言えますね。地色は黒ですがベージュと薄紫のぼかしの中に宝船と松がくっきりと浮かび上がっています。