占いの館 開運の館☆ タロットs太朗

今週の色占い・二十四節気・6言

新着情報

  •  〒806-0028 福岡県北九州市八幡西区熊手1-3-28
  •  フリーダイヤル 0120-571-505
  •  12:00~18:00 ※時間外予約可
  •  年中無休
  •  タロットs太朗 さん
  •  誰でも登録が可能
  •  店舗にお問い合わせ

登録メンバー (3)

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

    

        ★今 週 の 色★


          今週の色は?

       今週の色は黄色です
3月18日(月)~3月24日(日)

黄色とは・・・

ライオンさんdevilの色です。
あなたの今週は食べたい時に食べて、寝たい時に寝る。
自由奔放でしばられたくな~いと思う一週間です。
桜も開花しだします。心ウキウキ飛びまわられると良いでしょう。
   

      二十四節気七十二候のお話です

先週の3月16日から今週の3月20日までは 啓蟄の末候「菜虫化蝶」(なむしちょうとなる)の時期にあたります。
菜虫とは青虫のことで、主にモンシロチョウの幼虫を指します。
さなぎが羽化し蝶の姿へと生まれ変わる幻想的な季節です。
浮世離れした美しさを持つ蝶は、別名を「夢見鳥」といい、これは中国戦国時代の思想家・荘子の代表作『胡蝶の夢』の説話に由来します。蝶にまつわる逸話は多く、ギリシャ神話では魂の象徴とされ、人間の死後、霊が蝶に変わるという話は各国に存在しています。

《菜虫化蝶の期間の特徴》 
・植物・・・・猫柳(ねこやなぎ)
 (猫のしっぽのような、銀色をしたふわふわの花穂(かすい)の植物です。)
・虫・・・・モンシロチョウ
・魚介・・・浅蜊(あさり)

そして今週の3月21日からは二十四節気の「啓蟄」から「春分」にうつります。春分の第一日目を境に、昼は長く夜は短くなり、本格的な春を迎えます。季節の変わり目であると同時に、四月という人生の転換期でもありますね。

      
     ★ 今 週 の 6 言 ★ 
 
       1言 前を向け
       2言 今がチャンス
       3言 行動力重視で
       4言 焦らず急げ
       5言 外へ外へ
       6言 自由を楽しもう

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

    

        ★今 週 の 色★


        今週の色は?
     3月11日(月)~3月17日(日)
      今週の色は青色です

青色とは
ワシさんの色です
ワシさんは空高く飛んでいます。
私達から見るととても優雅で、夢とロマンに満ち溢れている様ですね!!

お天気;今週は曇りの日が多くなりそうですね。
今週はお部屋で音楽を聴くなど好きなように過ごされることも良いですね。     
 

      二十四節気七十二候のお話です
今週の3月11日から3月15日までは啓蟄の次候「桃始笑」(ももはじめてさく)にあたります。
古来、中国では桃は邪気を払う木とされ、『三国志』でも劉備・関羽・張飛が義兄弟の誓いを交わしたのが桃園です。家族や友人と出かけて絆を結び、人間関係を良好にするよう心がけることをお勧め致します。

そして今週の3月16日から来週3月20日までは、啓蟄の末候「菜虫化蝶」(なむしちょうとなる)に入ります。
菜虫とは青虫のことで、主にモンシロチョウの幼虫を指します。さなぎが羽化し蝶の姿へと生まれ変わる幻想的な季節です。
浮世離れした美しさを持つ蝶は、別名を「夢見鳥」といい、これは中国戦国時代の思想家・荘子の代表作『胡蝶の夢』の説話に由来します。蝶にまつわる逸話は多く、ギリシャ神話では魂の象徴とされ、人間の死後、霊が蝶に変わるという話は各国に存在しています。

 
       ★ 今 週 の 6 言 ★ 
 
       1言 春がやって来る
       2言 出発準備よし
       3言 急発進注意
       4言 見通しよし
       5言 進んでよし
       6言 さあ行こう

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

    

       ★今 週 の 色★


         今週の色は?
      3月4日(月)~3月10日(日)
       今週の色は赤色です

           赤色とは
        人間さんの色です

人間さんは感情の生き物です。ただ今週はそれが良い方向に向かいそうですよ。
今週は何かを”やりたい”という感情にかられる時(週)となりやすいですね
ゆえに今週は、趣味や習い事などを楽しんだり、
ご家族やご友人と有意義に過ごされることをお勧め致します

 

      二十四節気七十二候のお話です
二十四節気でいうと今週の3月6日からは
雨水(うすい)から啓蟄(けいちつ)に移ります。
啓蟄とは「土の中の虫がはい出すころ」という意味です

今週の3月6日から3月10日までを啓蟄の初候「蟄虫啓戸」(すごもりむしとをひらく)と言います。
土の中で眠っている虫たちのことを「蟄虫」(けいちゅう)と書いて「すごもりむし」と言います。
「啓戸」(けいと)は扉を開けるという意味です。
春の訪れを知った虫たちが、私たちの前に現れることを、
昔の人達は、虫たちが土の中にある自分の家の扉を開いて、出てきたようだと表現したようですね。

多くの生き物が目覚め、地中より出て太陽の光を浴びようとしています。
気温が上がり晴れた日には生き物の生命力を感じ、日差しを体内に取り入れて自立運を向上させ、
目的成就を目指しましょう。


 
       ★ 今 週 の 6 言 ★ 
 
        1言 流れにのろう
        2言 リズムに乗ろう
        3言 スムーズに行こう
        4言 進むなり
        5言 動くなり
        6言 のぼるなりよし

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

    

       今 週 の 色


      今週の色は黄色です
      2月25日(月)~3月3日(日)

黄色とは・・・

意志を持ったライオンさんdevilです。
ライオンさんdevilは食べたい時に食べて、寝たい時に寝ます。
自由奔放でしばられたくな~いと思う一週間になりそうですね
寒さもかなりやわらいできました。
今週は外に出かけられることをお勧めいたします。


 

      二十四節気七十二候のお話です
今週の2月24日から2月28日までは雨水の次候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)に入ります。
春霞が漂い始め、冬の間はくっきりはっきり見えていた山がぼんやりと霞始めました。
これもまた春独特の、趣ある風景です。
空気もしっとりしてくる頃です。

そして今週の3月1日からは雨水の末候 草木萠動 (そうもくめばええいずる)に入ります。
ほんのりと薄緑に色づく草花の芽が見られる頃。
やわらかい春の日差しの中、木々の芽はふくらみ、地面からは草の芽を出し、新しい命が生まれます。
特にこの 草木萠動の時期は梅の花が楽しめるそうですよ

 
       ★ 今 週 の 6 言 ★ 
 
       1言 走ることよし
       2言 急ぐことよし
       3言 見ることよし
       4言 ひろうことよし
       5言 さらうことよし
       6言 かつぐことよし


 

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

 

        今 週 の 色

      今週の色は緑色です
      2月18日(月)~2月24日(日)

 

とは・・・

牛さんangryであり、
牛さんangryは草原でのんびりしております

今週の天気は、晴れの日もあれば雨の日もあります。
ただこの時期の雨は「養花雨」と言われてます。
春から夏にかけて最盛期も迎える植物に新しい命を吹き込む恵みの雨です
皆様今週は牛さんのようにリラックスして過ごされてみてはいかがでしょうか?

 

      二十四節気七十二候のお話です

今週の2月19日からは、二十四節気でいう「立春」が終わり「雨水」に入ります。
雨水は「雪が雨になり、根雪が溶けてせせらぎになる」という意味で、春めいた気候に変わり始める頃とされています。
七十二候でいうと2月19日から2月23日までは「雨水」の初候土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)にあたります。

「土匂う」は俳句の春の季語です。
春の日差しに、匂う土に、なつかしさを感じることを表しています。
趣のないようにみえる景色でも、湿り気を含んだ土の中では、生物が本格的な春へ向けて、目覚めの準備をはじめています。

       ★ 今 週 の 6 言 ★ 

         1言 習得も良し
         2言 伝達も良し
         3言 探すも良し
         4言 覚えるも良し
         5言 攻めるも良し
         6言 守備固めも良し

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

    

       今 週 の 色


      今週の色はオレンジです
      2月11日(月)~2月17日(日)

オレンジとは・・・

意志を持ったライオンさんdevilです。
ライオンさんdevilは食べたい時に食べて、寝たい時に寝ます。
ただ今週は意志を持ったライオンさんの為、本能に任せるというよりも
自分自身をセーブしながら進むとなります。

今週は誘惑の多い週となります。
本能で動きつつも少しは理性も働かせていくと良い週となるでしょう
 

      二十四節気七十二候のお話です
先週の2月9日から今週の2月13日までは、立春の次候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)にあたります
鶯と言えば「春告げ鳥」として有名ですよね
そして2月14日から2月18日までは立春の末候 魚上氷(うおこおりをいずる)です。
春の暖かさで湖や川の氷が割れ、氷下で泳いでいた魚が氷の上に跳ね上がる頃。
温かくなった水の中に、ゆらゆら泳ぐ魚の姿がよく見え始めます。


       ★ 今 週 の 6 言 ★ 
 

       1言 物まね、人まねよし
       2言 思った通り行きましょう
       3言 峠は越えました
       4言 外へ出よう
       5言 行動範囲拡大
       6言 発想の転換良し

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

        今 週 の 色

       今週の色は赤色です
       2月4日(月)~2月10日(日)

赤色とは・・・

情熱的な人間さんです。
人間さんは浮き沈みが激しく、納得しないとイヤ。
これと決めたらだれにも止められない。

今週は強い意志をもって進みたいという欲求が出てくる週になるかと思います。


    二十四節気七十二候のお話です
本日2月4日から2月8日までは立春の初候 東風解凍(はるかぜこおりをとく)の期間です。
そして2月9日から2月13日までの五日間は 立春の 次候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)の期間です。ウグイスと言えば春を告げる「春告鳥」として有名ですね

暦の上では、春です
しかしまだまだ寒い日が続きますので
引き続き、風邪やインフルエンザなどに気を付けていきましょう

 

      ★ 今 週 の 6 言 ★

       2月4日(月)~2月10日(日)

       1言 昨日の自分に勝とう
       2言 土台、土台、土台
       3言 まずは動いてみよう
       4言 やわらかく行け
       5言 対策、対策、対策
       6言 3勝2敗1分けでよし 






 

          


          今週の色

       今週の色はオレンジです
       1月28日(月)~2月3日(日)

オレンジとは・・・

意志を持ったライオンさんdevilです。
ライオンさんdevilは食べたい時に食べて、寝たい時に寝ます。
ただ今週は意志を持ったライオンさんの為、本能に任せるというよりも
自分自身をセーブしながら進むとなります。

今週は誘惑の多い週となります。
本能で動きつつも少しは理性も働かせていくと良い週と言えましょう


       二十四節気七十二候のお話です
今週の1月30日から大寒の末候「鶏始乳」(にわとりはじめてとやにつく)に入ります。
そして来週2月4日からはいよいよ立春(りっしゅん)です。暦の上では春になります
今週はお天気、晴れsmileyだったり曇りsadだったりしますので
お家の中で春からの計画を立ててみるのもいいでしょう



 

         ★ 今 週 の 6 言 ★

         1月28日(月)~2月3日(日)

         1言 前へ前へ行こう
         2言 勇気を出そう
         3言 一歩でも踏み出せ
         4言 前後左右確認せよ
         5言 ゆっくり進め
         6言 徐々に進め 


         今週も頑張っていきましょうdevil

           


          今週の色


        今週の色は緑色です
       1月21日(月)~1月27日(日)

とは・・・

牛さんangryであり、
牛さんangryは草原でのんびりしております

今日1月21日から大寒です。
大寒は一年の中で最も寒くなる時なのです。
でもご心配なく今週は良い天気が続きますsmiley
今週は家の中にいるよりもアウトドア、外へ出てみることも良いでしょう

 

     二十四節気七十二候
のお話です

今の時期のことを二十四節気では「大寒」(だいかん)と言います
大寒とは1月21日から 2月3日」までのことです。

一年で寒さが最も厳しくなる時です。
寒さがより厳しくなり、小寒と大寒を合わせた約30日間を「寒の内」といい、一年で最も寒いころです。
「大寒小寒(おおさむこさむ)山から小僧が飛んできた」という童謡は、このころの厳しい寒さを歌ったものと言われています。

ちなみに1月21日から24日ころまでの三日間を大寒の中の初候「 款冬華」(ふきのはなさく)と言います。七十二候が大寒の初候に変わり、ふきのとうが出始める頃となりました。
厳しい寒さの中、そっと黄色いつぼみを出すふきのとう。
雪解けを待たずに顔を出す春の使者で、凍てつく地の下では、春の支度が着々と進んでいます。 
款冬とはフキのことで、その花茎をフキノトウといいます。
 冬に黄色の花を咲かせるところから、冬黄 (ふゆき) がつまって「ふき」になったと言われます。

また1月25日から29日までの四日間を、同じく大寒の中の次候「水沢腹堅」(さわみずこおりつめる)と言います。この頃は、普段流れている川の水も、氷が厚く張りつめることもあるのです。日照時間は日々長くなっていますが、春を体感するにはもう少し時間がかかりそうです。
 
みなさん、今年は例年よりもインフルエンザが大流行しています
インフルエンザには特に気を付けていきましょうね


★ 今 週 の 6 言 ★

1月21日(月)~1月27日(日)


1言 気持ちの切り替えよし

2言 気の引き締め忘れずに

3言 忘れ物を見直そう

4言 おおむね晴れ時々曇り

5言 仕事と家庭の両立で良し

6言 本・習い事・外へ出る事よし