占いの館 開運の館☆ タロットs太朗

近況・出来事・つぶやき

新着情報

  •  〒806-0028 福岡県北九州市八幡西区熊手1-3-28
  •  フリーダイヤル 0120-571-505
  •  12:00~18:00 ※時間外予約可
  •  年中無休
  •  タロットs太朗 さん
  •  誰でも登録が可能
  •  店舗にお問い合わせ

登録メンバー (3)

北九州・黒崎・占い(開運)の館 0120-571-505
【パソコン・携帯サイト】
【ご予約方法】→クリック

令和三年、今年は、辛丑(しんきんのうしど)の年となります。
辛金(しんきん)(金の陰)(かねのいん)で、通常、庚金が岩石(刀)の姿形(すがたかたち)である昨年令和二年は庚子(こうきんのね)の年であった為「刀」は錆び、六十花甲子の中でも最も辛い庚金(こうきん)刀(かたな)の年となりました。そして辛金(しんきん)は小刀(こがたな・メス)であり。又、ダイヤモンドであります。その小刀・ダイヤモンドに、水分を良く含んだ土(湿土)がついている。価値の低いダイヤモンドの星の年となります。丑土は五行土性・陰土性であり、方向は北北東、月は一月、季節は冬の土用となります。。土性は魅力本能を備えており色は黄色、徳信、十干支配は己土であります。未土が燥土で有るに対して丑土は湿土で陰土は柔木(じゅうぼく)の質を持ち表面は柔軟であるが内面は強情で自我が強い。甲動は鈍く人生の発展も遅くなり、成功はまだまだ後回しとなります。垂直志向の質がある為、慎重で思慮深いが、融通の利かない欠点もあり。平和を好み、動乱を嫌う性格が保守性を作り上げるのです。保守性が忍耐力を生み時機到来を待つことにより好機を得て成功につながるのです。

北九州・黒崎 占いの館 館長 森本宝仁