人形の田中

端午の節句

新着情報

登録メンバー (6)

端午の節句

「端午」とは古来、月初めの午の日を指しましたが、奇数月の同じ数字の重なる日を節供としたならわしから、いつの頃からか五月五日に限られるようになったものです。
この日が「子どもの日」として祝日に決められたのは、昭和二十三年。厄除けにつながる菖蒲湯の風習を残しながら、武者人形を飾って男の子の成長を祝う習慣は、我が国独特の端午の節供行事として現代にも受け継がれています。

 



江戸時代に定着した五月人形
 

菖蒲が「尚武」に通じることから男子の武運栄達、さらには健やかな成長を願う行事として、端午の節供は江戸時代中期に定着しました。紙の鯉のぼりや家紋を入れた内幟・又鎧・兜も登場し、男児の成長と無病息災を願う行事は武家社会を中心に盛んに行われるようになりました。

 



身も守る鎧・兜
 

鎧・兜は昔、武家社会の男子にとって非常に大切なものでした。また、今日では男子の身を守るという意味を持っており、端午の節句に飾ることで、男の子の誕生を祝い、交通事故や病気にかからないように身を守ってほしいという願いがこめられています。

 



武者のぼり
 

旗指物の幟は、遠く鎌倉時代の昔から武門の誉を誇示し、家の繁栄を願う御印でした。たくましく育ってほしいとの願いを込めて、庭や門前にたてられるようになりました。

 



鯉のぼり・登竜門
 

鯉のぼりの由来は、鯉が「竜門」という急流の川をのぼると龍になって天へ登るという、
中国の伝説からきています。健やかな成長と立身出世を願うご家族の温かいまごころです。